RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< 第2章 | main | ルネサンスの絵画を開拓 >>
『フェルメール展』
0
    今回、Pic Up♪でご紹介するのは♪
    東京都美術館で開催される『フェルメール展』です楽しい

    ヨハネス・フェルメール( 1632-1675 )は、オランダのハーグ近くのデルフトという小都市に生まれました。
    彼がその生涯で残した作品は、わずか三十数点。
    この作品の少なさと、光を紡ぐ独特の技法の美しさから、彼は光の天才画家といえるでしょう。

    フェルメールの作品が展覧会へ出品されることは、ほとんどありません。しかし 2008年、日本との修好150周年を記念する欧米各国の多大なるご尽力により、フェルメールの作品を中心に、オランダ絵画の黄金期を代表するデルフトの巨匠たちの絵画を一堂に集めた奇跡の展覧会が実現することになりました。

    出品されるフェルメールの作品は、光に満ちた美しい空間を描いた風俗画の傑作《ワイングラスを持つ娘》、現存する 2 点の風景画のうちの 1 点《小路》、近年フェルメール作と認定され大きな話題となった《ヴァージナルの前に座る若い女》、フェルメールの最高傑作とされる《絵画芸術》、《マルタとマリアの家のキリスト》、《ディアナとニンフたち》、《リュートを調弦する女》の一挙 7 点です。

    このほかレンブラントに天才と称され、フェルメールの師であるとの説もあるカレル・ファブリティウス (1622-1654) や、デルフトに特有の技法を確立させたピーテル・デ・ホーホ (1617-1683) など、世界的にもごく稀少で非常に評価の高いデルフトの巨匠の作品も合わせて、約 35 点が展示されます。

    フェルメールの作品で最も有名なのは「青いターバンの少女」ではないでしょうか青い旗

    残念ながらこの作品は今回は見られないようですが…

    他にも素敵な作品はたくさんあるので楽しそうですよネ♪♪

    この企画展の詳細は聞き耳を立てる

    『フェルメール展』 〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜

    平成20年8月2日(土)〜12月14日(日)の116日間

    場所:東京都美術館
    〒110−0007
    東京都台東区上野公園8−36
    TEL03−3823−6921
    FAX03−3823−6920

    休館日:毎週月曜日(祝日にあたるときは翌日)

    会館時間:9:00〜17:00
    金曜日のみ20:00まで(いずれも入場は閉室の30分前まで)
    | NaNa's PicUp♪ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/686289