RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< 広がる宗教画の世界 | main | ゴシック美術の絵画 >>
ロマネスク美術の絵画
0
    今回は「ロマネスク美術の絵画」です♪

    ポイントは〜
    ●聖地礼拝や十字軍遠征などの影響で教会が多数建てられる
    ●教会を飾る力強いフレスコ画
    ●黙示録や大型清書などで写本絵画が発達
    です♪

    それでは本の文章を載せていきます♪

    ヨーロッパ中に広がるキリスト教の影響を受け壁画や写本絵画が盛んに

    教会の天井や壁に

    西暦1000〜1200年にかけて、ヨーロッパ角地域で生み出されていったキリスト教美術の様式をロマネスク美術といいます。
    この時代は、キリスト没後1000年を迎えた終末論の思想によって聖地礼拝が流行したり、聖地奪還をとなえた十字軍の遠征などが行われた時代でした。そんな時流に後押しされ、次々と教会が建てられてうった時代でもあります。
    そして、次々に姿を現す教会の天井や壁などを飾っていったのがフレスコ画です。近寄りがたいような厳格な姿のキリストや、聖書に登場する聖人の絵柄などが、くっきりとした輪郭線とともに力強いタッチで描かれていきました。
    前のページでも紹介したように、貼り付けのモザイクから、より自由な表現ができるフレスコ画へと作画の方法が変わっていったことも、力強さを加える1つの要素になったようです。

    本の中の絵画

    フレスコ画以外でも、この時代で注目されている絵画芸術があります。それは、本の中に描かれたいわゆる挿し絵、写本絵画です。
    当時は、まだ印刷技術が発達していなかった時代なので、本は人の手で書き写されていました。そこに色彩豊かな絵をつけ、美しく装飾したのです。
    教会が中心となった写本工房などで、写本絵画は描かれていきました。




    ロマネスク美術
    中世西ヨーロッパの建築・美術のうち、中世後期のゴシック以前のものを区別して用いる。ロマネスク建築、ロマネスク美術、ロマネスク様式などという。
    ロマネスクとはローマ風のという意味で、19世紀以降美術史の用語として使われるようになった。それ以前はロマネスクもゴシックも中世の美術という大きなまとまりとして捉えられていた。ロマネスク建築ではローマ時代の建築に多く使われた半円アーチを開口部の構造に使うことが特徴とされる。
    ロマネスク美術は素朴な信仰心に満ちた美術様式である。当時の絵画は文字の読めない人々にキリスト教を教える役割を果たした。東ローマの影響を受けた教会堂の壁画のほか、写本装飾に優れたものが見られる。

    写本
    手書きで複製された本や文書、またはその行為そのものを指して示す用語。
    洋の東西を問わず、広く木版印刷や活版印刷術が普及する以前、本は手ずから書き写すものであった。中世ヨーロッパにおいて写本はキリスト教の修道院を中心に行われ、「写字生」によって組織的に作られた。その当時の写本の中にはしばしば壮麗な挿絵がつけられ、美術品としても価値を見出されるものも存在する。
    写本では、筆写の過程でしばしば誤読、誤字脱字、付け加えなどが生じ易い。これらは原典を正確に伝承するという意味では瑕となるが、一方で写本がどのように伝わっていったかを系統立てて考察し、その背景にある文化的特性を検証する素材ともなる。

    挿し絵

    ピサの大聖堂はロマネスクの代表的建築物
    ロマネスク美術の絵画は、教会という建築物が数多く建てられたことで栄えていきました。そしてこの建築物そのものも、ロマネスク美術の作品として高く評価されています。
    このロマネスク様式の建築物として有名なのがピサの大聖堂です。大聖堂は11〜12世紀につくられ、そこに並ぶピサの斜塔は少し後の時代につくられました。




    フ〜ン。。印刷の技術が無かったときにはやっぱり人がひとつひとつ書いていたんですね〜。大変。。そりゃぁ誤字もありますヨ。
    字を書く人と絵を描く人、別々だったのかなぁ。

    豆知識♪♪
    場所がなく、奇妙な形の彫刻になった
    教会を飾ったのはフレスコ画だけではありません。柱や梁、壁には数々の彫刻も施されています。
    その特徴は「枠組みの法則」と呼ばれるルールに従ったデフォルメ。
    身体が不自然に長かったり、変に曲がって描かれていたりします。
    実はこれ、単にスペースの問題。細い柱に上から下まで1人の姿を描こうとすれば、身体が細長くなるのは当然です。
    建築物の書ける枠に合わせて、彫刻した結果が不自然なデフォルメになったのです。


    次はゴシック美術の絵画です♪





    | 世界の名画より♪ | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/542498