RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< ギリシア・ローマの絵画 | main | ロマネスク美術の絵画 >>
広がる宗教画の世界
0
    今回は「広がる宗教画の世界」です♪

    ココのポイントは〜
    ●初期キリスト教美術はカタコンベと教会勝利の2時代
    ●ビザンチンの絵画はモザイク、イコン、フレスコ画など
    ●西ローマは初期中世美術へ
    です♪

    それでは本の文章を載せていきます♪

    隠れていた時代からキリスト教公認で華やかに
    宗教中心の美術は中世へ


    地下に描かれた壁画

    キリスト教が生まれた初期の頃、ローマ帝国ではまだそれが認められず、信者は迫害されていました。そこで信者たちは地下にあるカタコンベと呼ばれるお墓を礼拝の場所に使っていました。
    ここには壁画が描かれており、それはキリスト教の教えを示すものでした。
    そんな時代が続いた後、313年にキリスト教は公認され、大きな教会が建てられるようになります。その天井や壁には、分かりやすく信仰を広めるため聖画が多く描かれます。
    この地下の信仰の時代と公認後の時代とを合わせた美術の様式を初期キリスト教美術と呼んでいます。

    板に描かれる聖画

    ローマ帝国の首都が現在のイスタンブールにあたるコンスタンティノープルに移った後、帝国は東西に分裂します。
    このうち東ローマで栄えたのがビザンチン美術の絵画です。やはり中心はキリスト教の宗教画。教会の壁面を飾るモザイクや、板に描かれ家庭でも礼拝できるイコン、中期以降の時代からは漆喰の壁に絵具を使って描くフレスコ画が多く生み出されていきました。
    一方の西ローマはゲルマン民族によって滅ぼされ、いくつかの朝廷のもとで初期中世美術を形づくっていきます。もちろんここにもキリスト教文化は色濃く反映されていました。


    この本「世界の名画」は、楽しく分かりやすい文章で美術を学ぶことが出来るのですが、それと一緒に図も載っているのです♪
    nanaの文章で説明するよりもそれをココに載せたほうがトッテモ分かりやすくなると思うのでこれからは本の中の図も載せていこうと思います♪

    初期キリスト教〜ビザンチンの年表♪


    フ〜ン。。キリスト教が公認されるまでには結構長い年月がかかったんですね。。。
    でもその間にも信者はどうにかしても自身のため、そしてその教えを伝えるために絵画にしていたのですね〜。

    もうひとつ大きな図♪

    3つの美術様式の変遷


    カタコンベ
    地下の墓所のこと。もともとはローマのサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ教会の埋葬場所のことを意味していたが、死者を葬る為に使われた洞窟、岩屋や地下の洞穴のこと全般を指すようになった。
    この表には、カタコンベの壁画には暗示的な象徴が描かれたと描いてありますね!羊を導く若者の姿でキリストを示す。とか〜ハトの集まる絵柄を信者にたとえる。とか!おもしろ〜い♪見てみたいなぁ。

    モザイク
    小さな石のかけらやガラスのかけらなどを壁などにつけながら模様を描いていく絵画です。石などの破片を組み合わせてつくるためグラデーションをつけるといった細かい表現は難しく、輪郭線もきちんとつけるため、どことなくぎくしゃくした絵になりがちです。
    前回お勉強したポンペイ遺跡にもこのモザイクで描かれた絵がたくさんあるんですよね♪

    イコン
    木材や金属の板を使って描いた聖画のこと。描かれるのはイエス、聖母子、聖人などで、教会に飾る大型のものから、家庭に飾る小型のものまであります。ギリシア語の「エイコン」が語源で、これはパソコンのマークなどで使われている「アイコン」と同じ語源です。

    フレスコ画
    漆喰の壁や天井に絵具で描いた壁画です。モザイクが石やガラスなどを大量に使うため費用がかかるのでフレスコ画に以降していったようです。
    壁に漆喰を塗り、その漆喰がまだ「フレスコ」である状態で、つまり生乾きの間に水または石灰水で溶いた顔料で描く技法。やり直しが効かないため(失敗した場合は漆喰をかき落とし、やり直すほかはない)、高度な計画と技術力を必要とする。

    エ〜。モザイクだと費用がかかるからフレスコに以降したなんて〜意外♪
    知れば知るほどおもしろ〜い♪

    次回は「ロマネスク美術の絵画」です♪


    | 世界の名画より♪ | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/541801