RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< 染色 『筒描き』 vol.5 | main | 染色 『筒描き』 vol.6 >>
銀座『奥野ビルディング』
0
    今回アートスペースとしてご紹介するのは、銀座1丁目にある「奥野ビル」です。




    奥野ビルは、「銀座アパートメント」として昭和7年に竣工しましたビル
    当時はマンションという言葉は無かったのでしょうね?アパートメントと言っても今で言う高級マンションだったのでしょう♪
    昭和7年は、銀座4丁目の交差点にある「和光」が建てられた年でもあります。
    …昭和7年って。。築75年!!って事ですヨネ。スゴイデスびっくり


    階段も当時のまま♪壁の穴にはステキに植物が飾ってあったりするんですヨ♪オシャレ♪

    このアパートには、地下に住民のための大浴場などもあったんですって温泉
    とても沢山の小さな部屋があり、それぞれの部屋は8畳に満たないお部屋です。
    ベッドは壁に吊り上げておいて、使用する時に床に引き下ろすウォール・ベッドというアメリカン・スタイルだったそうですヨ!そんな昔にそんなスタイルって、きっと当時は珍しいくらいに新しい高級アパートだったのでしょうね。

    かつてこのアパートには、銀座の柳を歌った詩人の西条八十氏や、舞台美術家として名を成した吉田謙吉氏などが入居していたそうです。
    新橋などの芸妓さんも住人だったり、昭和初期の銀座の華やかさがしのばれますね桜

    手動のエレベータは、指針式のオールド・スタイル。長年ちゃんと動いていなかったようなのですが、去年の10月からは各階にちゃんと止まるように直されたそうです拍手

    外と内に2枚の扉があり、これを自分で開けないとなりません♪
    そして降りる時にはまた自分で閉めるんです。これを忘れて降りて行ってしまうと大変!チョットするとケタタマしくビビーって音がします。これを誰かが閉めに行かない限りエレベーターは動いてくれません冷や汗

    現在は住居として利用している方はいないそうで、テナントのほとんどがギャラリーや事務所として利用されています。

    ギャラリーはいったい何軒入っているのか。。20件くらいかな?けっこう沢山ですニョロ


    写真左は4階にあるギャラリー「銀座一丁目」さん。右は同じく4階にある「ギャラリー403」さん。
    道路側のお部屋にあるギャラリーは窓もあってとても良い雰囲気です♪

    そこではいつもさまざまなアーティストが展示をしており、特に目的も持たずにブラっと立ち寄ってもいくつもステキな展示を見ることが出来ますヨ♪
    毎週のようにこのビルにアーティスト達の展示を見に来るコレクター達も多いようですヨ。

    銀座に行ったときには時間があったら是非立ち寄ってみてください楽しい
    nanaのチョ〜お勧めアートスポットですグッド

    所在地:東京都中央区銀座1−9−8



    中央通りを新橋の方から京橋の方に向かい、銀座メルサの角を右に曲がります。2本目の道に左側にドトールコーヒーがあり、そこを左に曲がるとすぐに奥野ビルがあります。入り口にはザクロの木があり、今の時期はきれいに実がなっています^^


    | ART SPACE♪ | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/490835