RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< 『アートポエム』 | main | 染色 『筒描き』 vol.5 >>
染色 『筒描き』 vol.4
0
    お待たせいたしました。。
    ちょっと間があいてしましましたが、いよいよ彩色に入ります♪

    材料を用意します。
    今回使用するのは、
    顔料(紫・緑・赤・黄・青・茶・えんじ・白・黒)


    バインダー(顔料とコレを混ぜることによって色を生地に定着させる事が出来ます)


    刷毛(染色用の刷り込み刷毛)です。


    材料は染色材料専門店に行くと売っています。材料屋さんは一番下で紹介します♪

    まず、お皿にバインダーを入れます。そこに顔料を少しづつ入れます。
    混ぜながら好みの色にします♪
    今回は赤・黄・茶・白を混ぜてみました。

    ※注意・バインダーと顔料は、バインダー10に対し、顔料を1以上は入れないでください。顔料があまり多いと、バインダーの接着力が無くなってしまい、色が定着しなくなります。



    そうするとこんな感じになりました。


    ※注意・途中で色が足りなくなってしまうと、ナカナカ全く同じ色を作るのは難しく、途中から色が変わってしまいますので、少し多めに作っておくとよいです!


    刷毛に適量をつけ、糊置きをした貝の中をクリクリと回すようにしながら色を刷り込んでいきます。
    ※注意・この時、刷毛にあまりたくさんつけてしまうと、糊を置いた線の中ににじみ込んでしまうので気を付けてください!
    ムラになってしまったら二度塗りをすれば大抵目立たなくなるので心配なしです!




    貝の中を塗り終わったら乾かしましょう♪

    次に、このままでは何だかつまらないのでチョット影とかを付けてみます♪

    さっき作った色の残りに、さらに赤と茶を混ぜ、さっきよりも濃い色を作ります。
    もしも最初に作った色がもう無くなってしまっていたら新たに似たような感じで前よりも濃い目に作ればよいです♪


    最初に塗った色が乾いているのを確認し、濃い色で陰影を付けていきましょう♪



    そうしたらそのままの状態で出来れば1日〜2日放置してください♪



    今回はここまでです♪
    次回は今回色を付けた貝の部分にまた更に糊を乗せ、背景を塗っていきます!


    染色材料専門店

    田中直染料店
    本社 〒600-8427 京都市下京区松原通烏丸西玉津島町312
    支店 〒150-0011 東京都渋谷区東1-26-30宝ビル3階
    http://www.tanaka-nao.co.jp/new/top.shtml
    ■通信販売あり・生地多数あり

    SEIWA 
    〒161-8552 東京都新宿区下落合1-1-1
    http://www.seiwa-net.jp/
    ■通信販売あり・カルチャースクールあり

    藍熊染料株式会社
    〒111-0034 東京都台東区雷門1-5-1藍熊ビル
    http://www.aikuma.co.jp/index.html
    ■通信販売あり




    | アート工房♪ | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/487704