RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< 染色 『筒描き』 vol.2 | main | 『レゾナンス』日本画作品4人展 >>
染色 『筒描き』 vol.3
0
    さて♪今回はいよいよ筒描きをしていきますペン

    まず、糊(のり)と水とグリセリンと亜鉛末を用意します。



    星糊は染色の材料屋さんに売っています。糊は、もち粉・小紋ぬか・食塩で作られた型染め用防染糊を使用します。大体1kg500円ほどで売っています。そのままでも使えるのですが、これにグリセリンや亜鉛末を入れて使用したりします。グリセリンは糊に粘りと湿気を齎し、乾燥した時期などには糊のひび割れなどを防いでくれるので入れておくと安心です!亜鉛末は、漂白作用があるので、生地に糊の黄ばみが付くのを防いでくれます。

    それらを混ぜますピピピグリセリンと亜鉛末は少々でよいのですが、持ち上げてトロロってリボン状に落ちるぐらいにまで水を加えながら柔らかくなるまで混ぜます♪



    筒を用意します。

    星筒とは渋紙を丸く筒状に張り合わせたもの。ケーキのクリームを搾り出すような用具です。この先に先金というものを取り付けます。
    サイズにもよりますが、大体筒と先金で合わせて1000円〜2000円ぐらいで揃います。筒は使用する前に1時間ほど水に漬けて柔らかくしておきます。柔らかくなったら水気を取って使用します。




    筒に先ほど練った糊を入れます。

    星あまり沢山入れると絞っているときに上からブニュっと出てきてしまうので適量に♪入れたら上部をたたみ、クリップで止めます。



    ちゃんと出るか確認してイケテル



    いよいよ筒描き♪♪

    下書きの線に沿って、力の入れ具合を均等に絞っていきます。



    ちょっとぐらいはみ出たって、途中で下書きと違うように描きたくなったって大丈夫イケテル下書きの線は後で消えちゃうし♪

    全部描けたら、伸子(しんし:布を張っておく棒。無かったら板に画鋲でとめておいてもOK♪)でピンっとしておき、乾かします。そのまま放置しておくと、糊が乾くときに布と一緒に縮んでしまうのです。。



    完全に糊が硬く乾いたら、いよいよ次は色の入れていきます楽しい



    それは次回vol.4でラブ


    | アート工房♪ | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/385015