RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

HARD COAT BLOG.

額縁を中心とした画材の卸問屋・日本ハードコート株式会社のスタッフ 
NaNaがアートに関するさまざまな情報を楽しくお伝えします♪
<< 『PARUMA』レポート♪ | main | 染色 『筒描き』 vol.2 >>
『東おどり』レポート♪
0
    新橋演舞場で開催された『東おどり』に行って来ました♪



    新橋演舞場は、新橋芸妓の抜芸向上を目的として建築され、大正14年に開場しました。
    そのこけら落としは第1回の東おどりだったそうです。
    その舞台も今回で第83回ということ!
    新橋の歴史が150年という節目で、今回はいつもと大きく趣向を変えて、演舞場を料亭と見立てて、料亭と芸者の文化と楽しむお祭りの場にしたそうです桜

    初めて生で芸者さんの踊りを拝見しました。華やかでした〜ひらめき
    最初は何となくそんな華やかさに感動しながらただ見ていたって感じだったのだけど、だんだん気持ちも落ち着いて見始めたら、歴史上の人物が登場したり、ストーリーがあったり、とても楽しかったデス嬉しい

    舞台自体は全部で1時間くらいのものでした。間に30分の休憩があり、周りのフロアに出るとなんとそこには「ドン・ペリニュヨン」のコーナーが‥ときめき1杯2000円とチョイトお高め?でしたが頂かないわけにはいかないのでラブおつまみにはお刺身1カケ青りんご



    そして舞台にもどり、しばらくするとフィナーレ!これだけのために毎年見に来るとおっしゃる方もいるぐらいにそれはモウ圧巻でしたヨ拍手
    総勢15人の芸子さんがズラリと並び踊る、皆さん黒地にさまざまな華やかな柄のお引きずりのお着物を着ていてキレイでしたーときめき

    舞台を見たあとは料亭のお食事が頂けるスペースに移動♪
    今回の舞台に協賛しているいくつかの有名な料亭のお弁当が並んでいて、席は自由。自分の座ったところにどちらの料亭のお弁当があたるかは開けてからのお楽しみラブお弁当のテーマは決まっているらしく、全然違う創り方なのだけどお豆ご飯が入っていたりと、比べてみるのもまた楽しかった♪
    私は「やま祢」のお弁当でした花



    他にもお茶席のフロアがあったり、芸子さんと写真が撮れたり(別に写真のためにフロアに立っているわけではないのだけどネ。。)ラブ



    はぁ。。料亭の個室でこんな芸子さんを呼んでお食事。。なんて!
    お金持ちの大人って贅沢〜!!!

    素敵な世界でした♪

    ニョロおまけ
    演舞場の最寄駅、「築地市場駅」の壁に大きく描かれているこの絵って‥日本画家の片岡球子画伯の絵?ですよね日の出さすが新橋♪



    | アートレポート♪ | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://artblog.n-hardcoat.co.jp/trackback/374945